バイオ スロット 5ch

バイオ スロット 5ch

領主一族に手を出した以上、極刑は免れぬ」 ジルヴェスターが軽く手を振って、ジョイソターク子爵を連れ出すように指示した

即座に騎士団の二人が動いて連れ出していく

「明日はゲルラッハ子爵を呼び出せ」「はっ!」 ゲルラッハ子爵は、私の妻の実家であるライゼガング伯爵領と隣り合ったところに領地があり、昔から軋轢がひどい、と聞いたことがある

他にも何か有益な情報がなかったか、私は記憶を探った

 ……そういえば、ゲルラッハ子爵の妻が茶会を開いてゲオルギーネを招いた、と言っていたな

 次の日はゲルラッハ子爵が呼び出され、問いただされることになった

ただ、昨夜と違い、この場にいる者は少ない

あなたも好きかも:田代まさし パチンコ
領主夫妻とフェルディナンド、そして、私とカルステッド、騎士団の役付きが五名だけだ

「さて、ゲルラッハ子爵、其方に聞きたいことがある」「何でしょう?」 裕福さを見せつけるような、と言えば聞こえは良いが、鍛えることがないらしい、少しばかりたるんだゲルラッハ子爵の腹がわずかに揺れたのがわかった

あなたも好きかも:パチンコ ドン 田島
 ……上背はそこそこあるのだから、少しは鍛えればよいだろう、まったく

まだ若いのにみっともない

私の腹筋を見習え

あなたも好きかも:君津駅 パチンコ屋
 私が自分の腹を押さえながら、文官の鍛錬の必要性について考えていると、ジルヴェスターに質問されたゲルラッハ子爵は、何故呼び出されたのか全くわからない、というように首を傾げる

「何故ビンデバルト伯爵の私兵を所有していた?」「はて、ビンデバルト伯爵の私兵、でございますか? 私はそのようなものを所有していたことはございませんが?」「昨夜、北の離れに近いところで襲撃があったことは其方も知っているだろう? その際に使われた私兵がビンデバルト伯爵のものだったのだ」 全くわからぬ、と言うようにゲルラッハ子爵が眉を寄せる

完全に知らぬ存ぜぬを貫くつもりのようだ

「それが一体私とどのような関係があるとおっしゃるのでしょう?」 おっとりとした穏やかな笑みで問いかけられ、ジルヴェスターもやんわりとした笑みを浮かべる

「襲撃犯は捕えたのだが、私兵をゲルラッハ子爵から譲ってもらった、と言ったのでな

参考までに話を聞かねばならぬ、と思ったのだ

其方はビンデバルト伯爵と交流が深かったようだが?」「……ほほぅ、昨夜、そのようなことがございましたか」 ゲルラッハ子爵が灰色の目を細めた