ノイズキャンセリング イヤホン パチンコ

ノイズキャンセリング イヤホン パチンコ

「……呼ぶか」 思いつきでハンドベルを振った

「クローヴィスを呼んで欲しい」 オレは神々にちょっとだけ願い事をした

「あれ? ここは? リーダ?」 三角巾で腕を吊したクローヴィスが出現し、キョロキョロとあたりを見てオレを見つけた

「ちょっと頼み事があってね」「頼み事? だけど、ボク、怪我をしてるんだ」 彼は三角巾で吊り下げた右腕を揺らして言った

あなたも好きかも:カジノ dq5
 よく見ると口の端も赤く腫れている

あなたも好きかも:スロット まどか☆マギカ叛逆の物語
「クローヴィスの傷を治して欲しい

これからの事で手を貸してほしいんだ」 オレは再びハンドベルを鳴らす

思ったとおり神々は気安く力を貸してくれる

 クローヴィスの傷は瞬く間に癒えた

あなたも好きかも:在特会 パチンコ
「すごい

どうやったの?」 三角巾を取り外したクローヴィスが自分の体をパンパンと叩きつつ言った

「後で教えるよ

で、ちょっと、これから皆を迎えに行くんで手伝ってほしいんだけど」 オレはニヤリと笑い、端的に頼む

「手伝い?」「そうそう

この先にさ、皆が居るから一緒に迎えにいって、ノアの所へ連れて行きたいんだ」「ノアの所に?」「そうそう

皆で帰った方がノアが喜ぶからね」「ノアが?」「そう

びっくりさせてしかも大喜びだ

だから、一緒に迎えに行って……今回だけ皆を背に乗せてほしいんだ」 オレの言葉を聞いて、しばらくクローヴィスは考えていたが「いいよ」と言ってくれた