スロット サントラ

スロット サントラ

いまにいたるまで考える時間は山ほどあったのだ

考えていないわけはないし、結論が出ていないはずもない

が、彼女はどこか考える素振りをしている時間すら楽しんでいるかのようであり、そういった反応も、彼女らしいといえば彼女らしいものだろう

「……今日一日は、下僕壱号ではなく、レムとして、ひとりの女として扱って頂けますでしょうか?」「ああ、わかった」 うなずくと、彼女は、普段とは異なる趣のある笑顔を浮かべた

「では、着替えて参りますので、御主人様も着替えておいてくださいまし」「おう」 応じ、彼女が部屋を出て行く後ろ姿を見送れば、その足取りの軽さに目が行った

あなたも好きかも:スロット 花火 新台
願望が受け入れられたことを心底喜んでいる、そんな様子だった

彼女にしてみれば、まさに念願だったのだろうか

(レムとして、ひとりの女として、か……) レムの言葉を反芻するようにつぶやく

 彼女のいいたいことは、わかる

 レムは、セツナの従者、下僕で在り続けていた

あなたも好きかも:スロット グランドオープン 関東
初めて逢ったときこそ違ったが、そのすぐ後、彼女はセツナの下僕を演じることとなった

それがそのまま、現在の関係に繋がっている

もしあのとき、レムがまったく別の方法でセツナとともに在ったならば、その後の関係性もいまと大いに異なるものだったのではないか、そんなことを考えなくもない