まどまぎ スロット

まどまぎ スロット

ふふ……良いものだな……」「そうだねぇ……」 その花の名を言い、フッと笑うエマ

レイも穏やかそうな表情で眺めており、ゆっくりと時間が流れていく

「そうだ

見ているだけなのもあれだし……何本か買っていこうよ!」 そして暫く眺めていたレイは、エマに提案するように言った

 エマはレイの方に目をやり、「……ふむ、良いかもな」 快《こころよ》く了承した

あなたも好きかも:スロット 天井 狙い 勝て ない
 断る理由も無い

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆の物語 スロット くるみ割り
なので特に何も言わなかったのだ

「しかし、そうなると問題は花を何処にしまって置くかだな……しっかりと育てていれば数年は持つ花だが……世話が出来なくては直ぐに枯れてしまう」「……あ、そっか……」 了承はしたのだが、エマには一つ気になる事があった

それが花を入れる場所だ

 折角購入しても枯らしてしまったら一つの命を終わらせたと同義だからである

 その事を思ったレイは肩を落としてハッとした

「あのー……何かお困りですか? 花を枯らすとか枯らさないとか、入れ物が無いとか……」 そして、そこにやって来たのは花屋の女性店員

あなたも好きかも:介護施設 カジノ
 レイとエマの会話を聞き、購入する気があると知ったので近付いてきたのだろう

「丁度良い

枯らさない為の入れ物とか無いか? あまり幅を取らない物で花が数本入る奴だ」 そんな店員を見たエマはナイスタイミングだ

と尋ねる