行橋市 駅前 パチンコ

行橋市 駅前 パチンコ

修理が終わったライの武器は、まだ熱が引かないらしく降りかかる雨粒達を蒸発させていた

「―――おばあちゃんやウサギの賢者殿、あんた、人間の時の名前あるにゃ?」「"ネェツアーク・サクスフォーン"」ウサギの賢者が答えた

「おばあちゃんにネェツアーク―――さんは、立派な魔術師で、凄い賢者だとワチシも思うにゃ」「ありがとう」ネェツアークは目を閉じ、痛む腕を我慢してまで組んだ

ライから何か言われると察しているし、言われる内容に応(こた)えねばならいと覚悟している

「でも、そんな"凄い人"の家族になった身になって言わせてもらうにゃ

あなたも好きかも:パチンコ 身体影響
おばあちゃんも、ネェツアークさんも"馬鹿"にゃ」「―――馬鹿ですか」ネェツアークは噛み締めるようして、ライの言葉を拝聴する

あなたも好きかも:スロット is 動画
多分ライが言う言葉は、自分が聞きたくても聴けない、少女の本音の言葉でもあるから

「ワチシもリリィちゃんも、大事な人が側にいて、普通に暮らせていればそれで十分幸せなんだにゃ

あなたも好きかも:厚木市 パチンコ 営業中
成長だって自分の力でしてやるにゃ

だけど誰も、大事な人の命を削って貰ってまで、"普通の日"が欲しいなんて考えてないにゃ!」ウサギの賢者を全身全霊で信じ、愛して待っている―――リリィの言葉

「シトロンさん婆さんと私の気持ちを言わせて貰えれば、命を削ってというか、大好きな守りたい人の為に使うのはいけない事かな?」「"いけない"にゃ

少なくとも、今のリリィちゃんには絶対いけない事にゃ」ライの答えに迷いはなかった

「賢者殿、リリィちゃんの泣き声聞いたにゃ?」ネェツアークには一番堪える話