スロット ゼットマン ボーナス終了画面

スロット ゼットマン ボーナス終了画面

逆にあれ以上の強者となると、プライドが邪魔して使えないですね」 アメディーオが、イーザクに魔道具を貸し与える相手として選んだのは、タイミングがあったというのもあるが、それ以上に良い感じでこちらの思惑通りに動いてくれそうな人材だったからだ

 事実、ランク二位までは入ることが出来たのだから、結果としては上々だった

 だが、それ以上になれなかったのは、やはり彼の実力不足が否めない

 ただ、それ以上の腕の持ち主となるとプライドの高い者が多く、他者が貸し与えた魔道具で戦いを続けることに拒否を示すものが多かったのだ

あなたも好きかも:ミニゲーム スロットマシン
 逆に帝国の騎士の誰かを使うという方法も取れなくはなかったが、それだと逆に目立ちすぎる

 帝国の、というよりも王族の関与は、できるだけ表に出さないというのが当初の方針だった

 結局、イーザクを使うことになったのは、計画を始めた時点では最善の選択だったのである

あなたも好きかも:超時空要塞マクロス スロット アプリ
 部下のこれからどうするのかと言わんばかりの視線に、アメディーオは首を左右に振った

「これ以上は、どうしようもありませんね

あなたも好きかも:スロット 遊び方 換金
今はまだいいですが、頃合いを見て彼から魔道具の回収をしましょう

あとは、交渉窓口に徹するだけです」 これからは、それぞれの組織の上層部同士がやり取りをすることになる

 ただ、上層部が実際に表に出てくることはなく、今までのように自分たちが直接のやり取りをすることになるのだろうとアメディーオは考えていた

 そのためにも単純に引き上げて終わり、というわけにはいかない

 これから先のことを考えて、アメディーオはため息をつくのであった

これで長かった「ガゼンランの塔再び」編は終わりです

次は、このまま塔に帰って・・・・・・の前に、折角ですから、狐のお宿の様子とシュミットの悲鳴でも聞きましょうか

今のところまだ不明ですがw