パチスロ 押す 番長 2 天井

パチスロ 押す 番長 2 天井

最終的には鞘から剣を抜かせる事すら出来ず、鞘に納まったままで決着が付いた

あなたも好きかも:アカギ スロット 設置 店
 これが勇者の実力

レイもレイで完全な本気には到達出来なかったが、本番で到達出来ずにやられてしまえば何の言い訳も言えず、待っているのは死

到達出来なかったレイの負けだろう

「はあ……

あなたも好きかも:日本酒 グラス バカラ
やっぱり強いね

……一太刀入れるのが精一杯だったよ……」「……

ハハ、一太刀だけでも入れば十分だろう

負けるかもしれないって思ったから俺も鞘の状態とは言え剣を使ったんだからな」 その瞬間、ノヴァの頬が切れて少量の鮮血が流れた

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン パチスロ 打ち 方
 どうやら最後に剣を振るった時、勇者も避け切れずに掠ったようだ

 勝負としてはレイの負けたが、一矢は報いたらしい

「お前たちも静観してくれてありがとな

良い稽古だった」「ハハ、俺たちも参考になったからな

流石勇者だ」「ああ、当然だが、数千年前に戦った時より遥かに強くなっているな」「この勇者とほぼ対等に渡り合った私の先祖……魔王も、よく善戦出来たな

まあ、実力は今と昔じゃ、勇者も魔王も違うんだろうけどな」 「うん……私の先祖も互角には渡り合えたかもしれないなら……なんか嬉しい……」 レイとノヴァの戦いに余計な言葉は発さず、静観して見届けたライたちは各々(おのおの)で感想を言う

 その何《いず》れも過去に相対した存在に対してであり、自分たちの先祖をフォンセとリヤンは改めて思い直す

 そんなこんなが終わり、続いてライが言葉を発した

「じゃあ、次は俺に稽古を付けてくれ」「…………

……はい?」 思わず素っ頓狂な声が漏れる勇者