by パチンコ

by パチンコ

「……お前……いや、テメェはその程度の考えで行動するような馬鹿じゃねェってのを知っているからな」「……へえ? 随分と高い評価を下さるのですね……ブラックさん?」 ブラックの言葉を聞き、不敵な笑みを浮かべながら返すハリーフ

 ブラックは頷いてハリーフが返した言葉に返す

「ああ、テメェは頭が切れるタイプだ

そんなテメェの場合は確実性を高める為にあの程度の兵士達や生物兵器で攻め込む訳がねェ……カディルを狙ったのもわざと気付かれる為としか思えねェんだ

本当にこの街や国を狙っているなら、もっと練りに練った作戦と行動で示す筈だからな」 ブラックが気になっていた事、それはハリーフが明らかな戦力不足で"マレカ・アースィマ"へ攻め込んだ事についてである

 生物兵器はハリーフ以下の実力

あなたも好きかも:エヴァ スロット 暴走チャレンジ
それでも腕の一振りで街を破壊できるが、ライたちがおらず、ブラック達だけが相手だったとしても生物兵器には余裕で勝てるだろう

あなたも好きかも:ブラックジャック ハッスルピノコ
 その程度の実力しか無い生物兵器にも拘《かか》わらず、本気で街を落としに来た事が疑問だったのだ

「フフフ……流石ですねブラックさん

けど、私が勝てるつもりで来ていた可能性は無いのですか? 生物兵器に加えて私が居る

そして最終兵器のバロール……つまり、それだけで我々の戦力は「いや、それは無いな」……!」 ハリーフが話す中、ブラックは最後まで話を聞かずに即答で拒否する

つまり、それは無いと断言できる確信があったのだ

あなたも好きかも:オンカジ おすすめ
「まあ、確かにバロールは驚異的存在だった