ゴッド イーター スロット ストーリー

ゴッド イーター スロット ストーリー

例え康太が同じものを文に見せることができたとしても、恐らく康太が今抱いているような悩みは毛ほども浮かぶことはないだろう

なにせ文はそういう考えを持つような人種ではないし、何より魔術師としてある程度人の死というものを納得しているのだ

殺しや人死にを許容しているわけではない

だが魔術でそう言う事が起こってしまった

あなたも好きかも:銀翼のファム スロット
それ自体は仕方のないことだ

どんなに悔やんでも過去は変えられない

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン パチンコ 魂のルフラン
どんなに悼もうとも死んだ人は死んだままだ

だから文はそう言うものは最初から諦めているのだ

「それでもね、これだけはわかるわ

あんたの気持ちは確かに立派だけど、その考えに飲まれてばかりいるとあんた自身の人生を見失うわよ?」「・・・見失う?」「あんたが見たその人の死やそいつの最後のせいで、あんたはそいつ、あるいはその二万の人たちと自分を同一視しかけちゃってる

それは危険な考えよ」「・・・理解しようとすることはいいことなんじゃないのか?」「それが生きている人相手ならね

でもね、死んだ人間を理解しようとしたところで答えなんて出ないし、どんな回答を出したところで、答えを出そうとすることそのものが間違ってるんだもの」康太には文のいいたいことが微妙にわからなかったが、それでも文が康太に伝えたいことは理解していた

誰かのために悲しむのはいいことだ

あなたも好きかも:エース興業 パチンコ
誰かのために涙を流すのはいいことだ

誰かのために怒ったり、喜んだり、時には戦ったりすることも良いことだ

だがそれはあくまで自分があって初めて成り立つことだ

自分をないがしろにして、自分を他人であるように錯覚して行動するようではいつかきっと身を亡ぼす

だから文は康太を引き留めているのだ

これ以上康太がデビットという過去の遺物であり、亡霊に引っ張られて行かないように