スロット 高確 とは

スロット 高確 とは

しかし、その血はあの冒険者たちの返り血ではなく、自分の血だ

そしてスーツに付着している爆薬の臭いは、自分が敵に叩き込んだのではなく、あの冒険者たちの置き土産に引っかかったことの証でしかない

あなたも好きかも:オンラインゲーム ロードス島戦記
 その無様さを自覚する度に、彼は怒りを感じていた

あなたも好きかも:日進 市 パチンコ
 歯を食いしばりながら再び通路を突っ走るが―――――――またしてもワイヤーが張られていたらしく、壁から噴き上がった火柱と鉄球の群れが彼を包み込んだ

 脇腹に大穴を開けられながらも辛うじて耐え、そのまま走り続けようとしたユーリィの片足がまたしてもワイヤーを切断し、もう一つの火柱を生み出す

爆風に両足を一気に食い千切られ、焦げた石畳の上に顔面を叩き付けてしまう

(く、くそぉ………何なんだ!? 吸血鬼の俺が、あいつらより劣ってるって事なのか!?) 焦げてしまった両腕で起き上がろうとしつつ、目の前の通路を見つめるユーリィ

遺跡の外へと伸びる通路を睨みつけた彼は、自分の目の前の床が牙のように尖った何かによって埋め尽くされていることに気付き、目を見開いた

 ツタに燃え移った炎が、ランタンのように通路を照らし出す

 荒々しく揺れ続ける炎が照らし出したのは――――――――床を覆い尽くし、踏み抜いた獲物の足を食い破ろうとしているかのように待ち構える、無数のトラバサミの群れであった

「逃げ切ったかな………?」 背後からは、まだクレイモア地雷が発する爆音が聞こえてくる

跳弾するような小さな音は、おそらくクレイモア地雷の鉄球が壁に当たっている音なのだろう

 遺跡の外まで何とか脱出した俺たちは、入口の扉の外から遺跡の中の通路を振り返りつつ呟いた

あなたも好きかも:パチンコ イカサマ賭博
あの吸血鬼は作戦通りに地雷とトラバサミの在庫処分セールに引っかかり、足止めされているらしい

 あとはこのまま遺跡を離れてしまおう

願わくば廃棄物と排煙の悪臭に覆われているあの街に戻りたくないのだが、あそこにも管理局の宿泊施設はあるし、手に入れたこのヒントをステラに解読してもらう時間が必要だ